Q5-各種制度

精神障害者保健福祉手帳はどのような制度でしょうか。

A.

障害の状態を証明する手帳です。生活に必要な制度・サービスを利用しやすくするための手帳です。

利用できる方

精神障害によって、長期にわたり日常生活、社会生活に制約がある方が対象です。ただし、病院・診療所に初めてかかった日(初診日)から6ヶ月以上たっていることが必要です。

利用の手続き

お住まいの市町の窓口にご相談ください。主治医の先生にもよく相談しましょう。

利用のメリット

所得税・住民税・相続税の軽減や利子等の非課税、バス・電車・タクシーの運賃割引、携帯電話各社の利用料割引、公共施設への無料入園などです。

ただし、お住まいの市町によってサービス内容は異なりますので、各市町の担当窓口にてご確認ください。民間会社のサービスは各事業所にご確認ください。

注意点など

※1級から3級まで等級があります。
※2年ごとの更新制です。

戻る